「南海トラフ地震とは?」を分かりやすく解説!

「南海トラフ地震とは?」を分かりやすく解説!

 

近頃、地震や台風などによる天災が相次いでいます。
そんな時に、ニュースなどで良く耳にするのが「南海トラフ地震」という言葉です。

 

「何やら大きな地震らしい!」ということは知っている人が多いのですが、その名前の由来や内容を分かっている人はあまりいません。
そこでここでは、そもそも「南海トラフ地震とは?」について、分かりやすく紹介していきます。

 

 

そもそも南海トラフとは?

 

日本付近のプレートの模式図

出典:「日本付近のプレートの模式図」(気象庁ホームページより)

 

南海トラフというのは、和歌山県や四国の高知県から南に進んだ海の底にある水深4000mほどの深い溝(海溝)のことを言います。
トラフというのは、深さが6000mまでの海溝のことを指し、日本の南側には『相模トラフ・駿河トラフ・南海トラフ』などが集中しています。

 

ここは大きなプレートの境界値となっているために、もともと大規模な地震が起こりやすい地域でもあるんですね。
プレートとは、地球を覆っている大きな岩石層のことで、プレートには「大陸系」のものと「海洋系の」ものがあります。

 

日本国は「ユーラシア大陸プレート」と「北アメリカ大陸プレート」、それに「太平洋プレート」と「フィリピン海プレート」などが関係しています。
南海トラフは、このうちの「ユーラシア大陸」と「フィリピン海プレート」が絡んで密接に関係しています。

 

南海トラフ地震の発生メカニズム

 

南海トラフ地震の発生メカニズムの概念図

出典:「南海トラフ地震の発生メカニズムの概念図」(気象庁ホームページより)

 

フィリピン海プレートは、現在も少しずつ沈み込んでいっています。
そのときに、ユーラシア大陸プレートも引っ張られて沈んでいこうとします。

 

そして、それが続いてくると伸ばした輪ゴムが手を放すと急激に戻ってくるようにプレートも激しく戻ってきます。
このときに、巨大地震が発生するのです!

 

少しずつプレートが引っ張られて緊張状態が続いていると、微弱な地震が起こることもあります。
これが大地震の前の前兆地震と言われるもので、例えばこの数年間のうちに日本の南部や南西部でこういった地震が多発していますよね。

  • 2016年 熊本地震・鳥取地震
  • 2018年 島根地震・大阪北部地震

 

日本だけではなく、近くの国を見ても2016年と2018年に台湾で地震、2016年には韓国でも地震が起きました。
そして、これらの地震がユーラシア大陸プレートが引っ張られて起こっている歪みが、限界にきているという考え方もあります。

 

また、過去に起こった南海トラフの地震を調べていくと、約100~200年周期で大きな地震が起こっていることがわかります。
1944年に起きた「昭和東南海地震」、1946年に起きた「昭和南海地震」はこれに該当すると考えられています。

 

しかし、地震が起きるメカニズムは分かっているのですが、残念ながら現在の科学ではハッキリと「いつ発生するか」は解明できていません。
前回の大地震から70年以上が経っているということを考えると、いつ起きてもおかしくない状況になっていることは間違いないでしょう。

 

 

南海トラフ地震で想定される被害と範囲

 

地震被害

 

現在予想されている南海トラフ地震の震度は、マグニチュード8~9以上とされています。
その被害が想定される範囲は非常に広く『東海地方・東南海地方・南海地方』の3ヶ所が同時に地震が発生し、仮にマグニチュードが9だったとすると太平洋側にある30もの都道府県に甚大な被害が出るという予測がされています。

 

『東海地方・東南海地方・南海地方』のエリア別となる犠牲予想人数も出ており、負傷者はその数倍にのぼると推定されます。

【死者数の予想人数】

  • 関東圏内で6000人
  • 静岡で10万9000人
  • 三重県で4万3000人
  • 和歌山県で3万5000人
  • 高知県で2万5000人
  • 愛知県で2万3000人
  • 九州の宮崎で3万4000人

 

「静岡」や「高知」などでは震度7、大阪や京都でも震度6になります。
阪神淡路大震災の時に「大阪」や「京都」は震度5でしたので、それを上回ることが予想されているのです。

 

倒壊する家屋は230万件を超え、避難者は700万人にものぼるとされます。
沿岸には津波が押し寄せ、津波の高さは最大32mにも達します。

 

家屋だけでなく、その他の建造物や自動車なども全て流されていきます。
また、港には巨大なコンテナが大量にありますが、津波によってこれらのコンテナが流されていくと、それらが大きな弾丸となって街を襲うことになります。

 

最大3440万人が断水、最大2710万軒が停電、電話は最大930万回線が不通になり、あらゆる交通機関がストップします。
当然ですが、電車やバスなどは全く動きません。

 

自動車も使用不能になる可能性が高く、もし動いたとしても道路や高速道路が使用不可になっているために移動ができなくなります。
その後、火事や余震によって更に被害は広がりますが、救助する人数が圧倒的に不足し二次被害が広がっていきます。

 

それらの被害総額は、220兆円を超えると予想されています。
東日本大震災の時の復興予算が23兆円でしたので、10倍ほどの復興資金が掛かることになります。

 

しかし、ここには死亡した人の人的被害は含まれていません。
また、復興までの時間が掛かることから約500万人が避難生活を続けることになり、交通機関が麻痺していることなども合わさって、復興までには途方もない時間が掛かると予想されます。

 

南海トラフ地震による3つの脅威!

 

脅威

 

南海トラフ地震の被害の範囲の広さや震度の大きさが問題視されていますが、南海トラフ地震が恐ろしいとされているのがいつ起きてもおかしくない状態ということです。

 

そして、30年以内に起きる確率が約80%と予想されているということが何よりの恐ろしさとなっています。

 

【南海トラフ地震3つの脅威】

  1. 人命の危険
  2. 長引く食糧不足
  3. ライフライン&インフラ問題

 

他にも、突然天災が起こると色々なものが不足します。
例えば、南海トラフ地震が発生してから1週間で食料が約1億食、飲料水約1億4500万リットルが必要になるとされています。

 

国や地方自治体が備蓄している分では、とても足りません。
交通機関が復旧するまでは、他からの援助物資も順調に運ばれることはありませんので、最悪の場合は食糧不足に陥ることが予測されます。

 

日本は、こういった大災害の時に治安が乱れないということが評判になっていますが、深刻な食糧不足が長期間続くと治安の悪化も心配されます。
また、事後処理も大変です。

 

倒壊した建造物の瓦礫などの処理が大量になるのです。
その予想量は、2億5000万トンにもなるとされています。

 

これは、東日本大震災の瓦礫処理の10倍以上という量です。
東日本大震災の瓦礫処理が未だ全て完了していないことを考えると、南海トラフ地震の事後処理は現実的に不可能とまで言われています。

 

つまり、南海トラフ地震の恐ろしさは建物が崩壊し、余震や火事などで更に被害が広がり、何段階にも大変なことが起こるということなのです。
また、被害を受ける範囲が広いために、他の余裕のある地域から援助を受けるということも難しいということがあります。

 

電気やガスなどのインフラから交通機関の復旧などの援助がスムーズに行われないため、今までに遭った災害よりも遥かに長期的な復興活動となるでしょう。

 

最後に

 

環太平洋造山帯に位置し、プレートがいくつも関係している日本は地震は避けて通れない国なのかもしれません。
しかし、この南海トラフ地震は近年起こっている大地震よりも遥かに規模が大きく、その範囲が広くなる予想がされているものです。

 

それだけに、その被害は想像を絶するものがあります。
そして、地震は完全に予知することができません。

 

だからこそ、地震が起きてからどうしたら良いかを悩むのではなく、常に地震が起こるかもしれないと考えた上で、『食料・飲料水・懐中電灯』などの防災セットを準備し、地震が起こった際も慌てずに落ち着いて行動出来る心構えをしておくことが重要だと言えるでしょう。

↓地震防災グッズなら↓

【厳選】地震防災グッズBEST3!



  このエントリーをはてなブックマークに追加