【避難場所&避難経路】南海トラフ地震がくる前に事前確認を!

【避難場所&避難経路】南海トラフ地震がくる前に事前確認を!

 

南海トラフ地震が起こった際に、近隣の住民の拠り所となるのが避難場所です!
しかし、自分が住んでいる地域の「避難場所」や、避難場所まで安全に辿り着くための「避難経路」を完璧に把握している人は少ないでしょう。

 

ここでは、南海トラフ地震がくる前に事前確認する「避難場所」や「避難経路」について詳しく解説していきます!

 

 

居住地や職場近くの「避難場所」を事前確認する

 

避難場所

 

まず、自分が住んでいる地域や職場の近くの避難場所を確認しておかなければいけません。

 

しかし、一口に「避難場所」と言ってもいくつかの種類があり、その名称や役割も合わせて覚えておく必要があるでしょう。

 

広域避難場所

 

大規模な地震が起きた際に合わせて起こりやすいのが火災です。
火災が起きている時に、闇雲に行動するのは非常に危険な行為です。

 

こういった火災から避難するのが「広域避難場所」です。
火災の熱から身を守るために「10ha」以上の広さの土地が必要とされているために、地域の大規模な「公園」や「団地」または「大学」や「広大なグラウンド」などが指定されています。

 

一時避難場所

 

起きている災害から「一時的に危険を回避」するために指定されているのが「一時避難場所」です。

 

一般的には、その地域の公園や学校の校庭などが指定されることが多く、利用頻度の高い避難場所でもあります。

 

収容避難場所(避難所)

 

普通「避難所」と言えば、ここを指すことが多くなっています。
地震による家屋の倒壊および、その危険性や水害による浸水などによって、自宅での避難が困難とみなされる場合に、短期間の避難生活をおくる場所となります。

 

屋内での宿泊スペースの確保や、調理施設があることから「学校」や「学校の体育館」などが指定されることが多くなっています。
また、援助物資などが他の地域から運ばれた場合でも、この避難所に持ち込まれることが多いために、「避難生活の拠点」ともなる場所となっています。

 

福祉避難場所

 

福祉避難場所とは、一般の避難場所では「生活が困難な人」や「介護が必要となる高齢者や障がい者」などが利用することができる避難場所です。
地域によって様々な施設が指定されているために、地域の自治体に確認をしておくのが良いでしょう。

 

とくに、家庭に介護を必要とする人がいる場合は必ず調べておきましょう。
これらの避難場所がどこにあるのかということは、地域の自治体のホームページなどで公開されている他、市役所のような役場でも分かる様になっています。

 

避難場所までの「避難経路」を事前確認する

 

避難経路

 

避難場所をしっかりと確認したら、次は「避難経路」を確認しなければいけません。
避難場所に辿り着くまでに「トラブル」があると安全に辿り着けないからです。

 

災害時に何よりも優先されるのは安全性です。
距離で言えば近い道であったとしても、狭い路地やブロック塀がある「通路」や「物」が散乱している道路などは、避難経路としては相応しくありません。

 

災害時に避難する際には、「急いで避難」よりも「安全に避難」しなければいけないのです。
そのためには、普段から避難場所に向かうルートを数通りは準備しておかなければいけません。

 

それぞれの道の危険個所や工事をしている場所などを知っておくことが重要になります。
一度、自宅から避難場所まで実際に歩いて行ってみるというのも効果的です。

 

また、国や自治体で定期的にある「防災訓練」などイのベントに参加したり、「防災アプリ」などで避難場所までの避難経路を確認しておくのも1つの手でしょう。

 

防災街歩きのイベントに参加

 

市役所などの自治体が定期的に「防災街歩き」のようなイベントを行っていることもあります。
これは、自宅の周辺地域を歩くことで、危険な「場所」や「防災施設」を確認し、防災意識を高めるものです。
こういったものに参加するのも良いでしょう。

 

自治体の避難訓練や防災訓練に参加

 

また、ほかにも自治体が中心となって「避難訓練」や「防災訓練」が行われていることがあります。
避難の仕方や避難場所の確認のほかに、「安否確認」や「救出救護」の仕方などもレクチャーして貰えるので、これらに参加するのも方法です。

 

こういった場所では、自分自身の訓練はもちろんですが、参加している地域住民との「交流」や「情報の交換・共有」も行うことができます。
災害時には、どれだけ正確な情報を集めることが出来るかが重要になるので、そのような情報を集めることが出来る「手段」を増やしておくことが大切です。

 

スマートフォンを使用して避難場所を確認

 

さらに「スマートフォン」を使用しての避難場所確認も可能です。
例えば、goo防災アプリのようなアプリをインストールしておけば色々と便利でしょう。

 

例えば、自宅から避難場所へのルートを地図上に表示させることで確認することも可能です。
「GPS機能」と連動させれば、現在の場所から避難場所までのルートを表示させることもできます。

 

とくに、外出中に「災害」にあった時には、非常に有効的な方法と言えます。
このアプリには「避難訓練機能」も付いているので、時間がある時にアプリを使って実際に「訓練」してみるのも良いかもしれません。

 

また、災害時には「インターネット」が使用できなくなることもあるのですが、予め周辺地図をダウンロードして設定しておけば、「オフラインモード」でも使用することができます。

 

 

避難場所&避難経路の予備プランを考える

 

プラン

 

避難場所や避難経路を確認したら、「予備」の避難場所や避難経路のプランも考えておきましょう。

 

平常時と災害が起きた後では、周辺の状況は一変します。

 

予備の避難場所を考える

 

家屋の倒壊や地割れなどで、使用する予定だった道が使えないということは普通に起こりえます。
予定していた避難場所まで辿り着けないこともあるのです。

 

また、起こった災害やその後の状況によって、適している避難場所が変わる可能性もあります。
例えば、「地震に強い」「津波に強い」「住民の避難状況」などによって、その時その時の最適な避難場所は変わります。

 

様々な条件を考えたうえで、避難場所を選ぶ必要性が出てくるのです。
そのためには、普段から避難場所や避難経路をいくつか調べて確認しておく必要が出てきます。

 

とくに、大規模な地震の後に来る津波は、予想している大きさや速さは「あくまでも予想」です。
実際には、もっと大きいかもしれませんし速いかもしれません。

 

それを考えたうえで、避難場所を選ぶ必要があるのです。
先ほど紹介した防災アプリなどを使えば、一定の標高以上にある避難場所だけを表示させたり、そこに至るまでの複数のルートを紹介してくれるので非常に頼りになります。

 

予備の避難経路を考える

 

向かう避難場所が決まれば速やかに移動しなくてはいけません。
安全を第一に考えながら、速やかに移動を始めます。

 

これは、大規模な地震災害が起こった時は火災土砂崩れ津波による浸水などがあるために、時間が経過するごとに移動がしにくくなるからです。
とくに、夜になると移動は更に困難になります。

 

街灯などは、全て消えている前提で移動しなければいけないことを覚えておきましょう。
その際は、正確な情報を集めながら、例え遠回りをしても安全に移動できるルートを優先させましょう。

 

当たり前ですが、あらゆる「交通機関」は使えません。
すべて徒歩で移動する前提で、ルートを組み立てていかなければならないのです。

 

避難所でのマナーとルール

 

ルール

 

避難所での生活は、「いつもの生活とは違っていること」「災害に対する不安」「十分ではない食料や水」という様々な理由で、平常心では無くなっている人が多くなっていきます。
そういった中での集団生活になりますので、自分だけが勝手なことをしていると非常に迷惑になります。

 

そこで、一般的に言われている避難所で守るべき「マナー」と「ルール」を紹介しておきます。

【避難所で守るべきマナーとルール】

 

  1. 譲り合いの心を持って生活する
  2. 共同生活の和を乱さないよう心掛ける
  3. お互いのプライバシーを尊重する
  4. 室内は原則火気厳禁・禁煙とする
  5. トイレは綺麗に使用する
  6. ゴミの分別収集の徹底と集積場を清潔にする
  7. お年寄りや体の不自由な方へ気配りをする
  8. 救急物資の配給時には秩序ある配分をする
  9. 別な場所への移動は運営組織に届出を出す
  10. 介護が必要な人は原則家族が介護をする

 

こういった「マナー」や「ルール」が守られていないと、残念ながら「トラブル」に発展することがあります。
配給時に「並ばない」「人よりも多く貰おうとする」「子どもの声にイラついて揉める」ということがあるのです。

 

避難所での生活は、もちろん大変なことですが自分だけが大変なのではなく、災害に遭った全員が大変なのだという認識を持って、ルールやマナーを守るようにしましょう!

 

最後に

 

地震の規模や起こり方によって一概には言えない部分もありますが、「自宅避難」をするか「避難場所」へ行くのかという判断をしなければならないことも出てくるでしょう。
そういった時に、スムーズに安全な避難場所に行けるかどうかは、普段からの「避難場所」や「避難経路」の事前確認がポイントとなります!

 

そのため、万が一に備えて複数の候補を準備しておくことが、何よりも重要だと言えるでしょう。

↓地震防災グッズなら↓

【厳選】地震防災グッズBEST3!



  このエントリーをはてなブックマークに追加